受験英語で成績アップする方法

英語嫌いの私が英語の成績を上げた秘密の方法

私は中学生の頃から英語が大の苦手でした。
テストでも平均以下の点数しか取れず、それでますます英語が嫌いになりました。
英語とか数学とかの科目は、一度嫌いになると、ますます成績が悪くなり、そのせいでさらに嫌いになるという悪循環です。

 

中学からこんな感じでしたのですが、高校はなんとか平均的なレベルのところに入ることができました。
しかし、高校に入ってからも英語嫌いはひどくなるばかりで、当然ですが英語の成績も下がるばかりでした。

 

 

英語が苦手になった理由は英単語でした

 

しかし、大学受験を考えると「英語が嫌いです」では、希望する大学に合格することなどできません。
そこで、なぜ英語が苦手なのか考えてみると、私が覚えている英単語数が圧倒的に少ないのです。そもそも、私は暗記が必要な科目はすべて苦手でした。

 

まして、英単語の暗記なんて特に苦痛でした。
でも、英語を得意科目にするには、英単語をたくさん記憶しなければなりません。

 

知っている英単語が少くては、英語の成績を上げることはできません。

 

 

英語上達のコツは英単語をたくさん覚えることでした

 

英語上達の基盤は、どのくらいたくさん「英単語」を知っているかです。
そこから英語上達が始まります。

 

基盤もできていないのに、英語上達を望んでも無理ですよね。

 

例えば日本語で考えてみてください。
日本語の単語もあまり知らない外国人が、日本語が上手になれるでしょうか?
いくら日本語の発音や文法を学んでも、肝心の日本語の単語をほとんど知らないのでは日本語の上達なんて無理ですよね。

 

英語も同様です。英語が上達したいのなら、まず最初に沢山の英単語を覚えることです。

 

 

どのようにして沢山の英単語を効率的に暗記するのか?

 

英単語を記憶する方法には色々とあります。
私自身は、以前「英単語の語源」から覚える方法をやったことがあります。
でも、単に「語源」から覚えようとしても、英単語を覚える効率が良くなったわけではありませんでした。

 

そんな時に出会ったのが、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法でした。
これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

 

この「ミリオン・ボキャメモリー」も、英語の語源から記憶する方法なのですが、単に語源だけで記憶するのではなく、その「語源」に「14 の語根」と 「20 の接頭辞」、合計 34 のパーツをイメージと関連づけて覚えることで、短期間で10,000語以上のの英単語を記憶するのです。

 

 

 

超効率的な英単語記憶法「ミリオン・ボキャメモリー」とは

 

この英単語記憶法「ミリオン・ボキャメモリー」を私が説明するより、下記のサイトの中頃に、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。

 

このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。

 

>>ミリオン・ボキャメモリーの詳細はここをクリック<<

 

mini20177300247miribokya.jpg

 

 

 

この英単語記憶法「ミリオン・ボキャメモリー」には返金保証がついています

 

「ミリオン・ボキャメモリー」購入後、どの様な理由であれ、あなたが気に入らなければ、購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。

 

返金方法は「氏名、Emailアドレス、購入日、銀行名、支店名、口座番号、口座名義(カタカナ)、ご購入金額」をメールにて請求すると、7営業日以内にあなたの銀行口座に購入金額が返金されます。

 

>>ミリオン・ボキャメモリーの詳細はここをクリック<<